発達凸凹(でこぼこ)的な消費生活

~発達障害サラリーマンの家計奮闘人生記です~

褒められた方がやはりいい

経験と自信が命の水となる headlines.yahoo.co.jp 神戸大学が知的障害者向けに学びの場を提供するプログラムを開くそうだ。 筆者が良いなと思うのは、学ぶ内容ではなく、「自己肯定感を高める素晴らしい機会になる」という点だ。 もしかしたら学ぶ内容によっ…

ヨットで大西洋を横断するグレタさんの行動力

発達障害の行動力 スウェーデンの高校生で環境活動家のグレタトゥンべリさんがヨットで大西洋を横断するそうだ。彼女はノーベル平和賞にもノミネートされたことがあるそうだが、そんな彼女は自身のアスペルガー症候群を公表している。 www.nikkei.com 以下は…

自炊は発達障害にとって訓練になる?

発達障害というと、「障害」という言葉に目が行ってしまい、本来の障害特性だとか、特徴だとかというものに興味をもってもらう以前に、何かマイナスというか大袈裟なイメージが伝わってしまうように思う。というか言葉が何か1人歩きしている気がする。 言…

猛暑こそ身体を暖めよう

夜はみそラーメンと風呂と 写真は野菜たっぷりのタンメンである。 家計的に言うと、普通のチャーシューにメンマとネギだけが乗っかった汁と麺だけでできているクラシックなラーメンは金持ちの食べ物であると思っている。こだわりのあるスープでうまいかもし…

本当の意味の総活躍社会

得意・不得意を助けあう 得意な事もあれば苦手な事もある。 みんなそうである。 「~することが苦手」というのは発達障害の常套句のようなものなのだが、普通の人の「苦手とは何が違うのだろうか? この説明に対する答えとしては苦手なものは苦手なのだが、…

変化との付き合い方

変化と付き合うための心構え 変化のない人生なんてないのだが、その変化が発達障害者を苦しめている。 筆者も度重なる環境の変化→心身の不調→不登校→適応障害→会社に行けなくなる→発達障害と診断→退職→転職などとまあ、バラエティに富んだ生活を経験していた…

特例子会社で研修をしてみた経験を書いてみる

特例子会社で研修をしてみた経験 筆者は特例子会社2社で社員研修及びインターンシップを経験しているのだが、 その時の体験について書いてみる。 定型発達に知って欲しい発達障害 企業および団体には障害者雇用を一定の割合確保しなければならない法定雇用率…