発達凸凹(でこぼこ)的な消費生活

~発達障害サラリーマンの家計奮闘人生記です~

なぜ仕事はしんどいのか?

仕事のストレスと向き合っていく 連休を終えて感じるのは、やはり休みが続くといつもの蓄積した疲労が取れ、日常のストレスからも解放され、普段は疲労のために犠牲にしていたプライベートな時間も取れ、より人間らしい生活ができるようになっていると感じて…

聴覚情報による処理が苦手

コミュニケーションの苦手さは2次障害? 先日、定期的な通院しているのだが、その際、とある患者に何らかの申請(おそらく手帳だとおもうのだが)について病院のスタッフが説明している場面があった。 (※例えばの例なので事実と異なる場合あり) ○○さんは現…

旅のススメ

発達障害に旅は向いているのか? 私のブログの見出しに「自分探しの旅」というのがあるのだが、 これは自分の好きなことで趣味みたいなものだが、今回は「旅は向いているのか?」と「旅のススメ」について書きたいと思う。 以前、職業訓練の過程で同じ障害に…

ルーティーンではない生活

生活リズムを整えた休日を。 長い連休となると、当然いつも違う生活を送ることになる。眠い目をこすり、朝ごはんをかき込み、満員電車に揺られることなく、朝のスタートから見ても劇的な生活の変化を遂げる。 これは日々身体を酷使して働いている我々にとっ…

春は体調を崩しやすい季節②

新生活に向けた過去習慣の脱却と過集中 春は新生活が始まることで、生活が激変し、体調を崩しやすい季節だということは前回の記事でも紹介したが、今回も同様に述べようと思う。 www.hattatsuupsdown.com 前回は周囲の環境の変化について主に述べたが、今度…

手取りを増やさなくてはならないという焦り

Ubereatsでの宅配を副業にしてみた 今回は家計の話に戻ろうと思う。 新生活が始まるとなるとそれなりにお金がかかる。 新生活の疲労たまり、それなりに出費もあるだろう。 働いているとなると会社の歓送迎会もあるだろう。 そして追い打ちをかけるのがGWの10…

診断が下りた、それともグレーゾーン?

診断が下りる人とグレーゾーンの人、それは社会が決める 仕事や社会に疲れ切って、出来ない自分を責めたまま、病院を駆け込み寺として使う。 発達障害を疑った人は、そのような経験があるだろう。 診断が下りるもの、下りないものたくさんいる。 前者は生き…