発達凸凹(でこぼこ)的な消費生活

~発達障害サラリーマンの家計奮闘人生記です~

発達障害という名前がよろしくない

発達障害に関するネーミングセンス 「発達障害」、「発達障害」というけれど、この人のどこが障害なのだろう? というようなことを思う人が多いと思う。無論、外見からは分からないし、普段接していても全く分からない。「障碍」という言葉を使おうが、「障…

障害を経験でカバーするそのための投資

キャッシュレス化に乗り遅れてはならない 久々に家計的な記事を書いて行こうかと思うのだが、 いつも言っていることは1つだけだ。 「日常生活の出費の中でポイントを貯めて行く」ことだ。 お金持ちはいくらでも出費ができて、キャンペーンを見つけてはポイ…

苦手なことを克服していくか、得意なことを伸ばしていくか

苦手なことを克服していくか、得意なことを伸ばしていくか ブログのタイトルにもあるように発達凸凹とは、文字通り脳の発達に凸凹(ムラがある)という意味なのだが、この表現にあまりなじみのない人も居ると思うので、説明しておくと、 人間には得意・不得…

発達障害と診断された今だから考えられる不登校となった原因

不登校には発達障害が隠れている? これは筆者の持論だが、不登校になる当事者の多くが発達障害が陰に隠れていると思っている。実際、筆者も不登校を経験しているのだが、発達障害と診断されてからは、「なるほど不登校になるのはこういうことだったのだなと…

風邪は大敵である

2次障害もうひとつの大敵 発達障害を抱えていくうえで、うつ病や適応障害、不登校や引きこもりなど、2次障害として深刻な影響をもたらすものもあるが、日常的に気を付けなくてはならない敵がある。 それは風邪である。 日本は、春夏秋冬と気候が変化する四…

なぜ仕事はしんどいのか?

仕事のストレスと向き合っていく 連休を終えて感じるのは、やはり休みが続くといつもの蓄積した疲労が取れ、日常のストレスからも解放され、普段は疲労のために犠牲にしていたプライベートな時間も取れ、より人間らしい生活ができるようになっていると感じて…

聴覚情報による処理が苦手

コミュニケーションの苦手さは2次障害? 先日、定期的な通院しているのだが、その際、とある患者に何らかの申請(おそらく手帳だとおもうのだが)について病院のスタッフが説明している場面があった。 (※例えばの例なので事実と異なる場合あり) ○○さんは現…