発達凸凹(でこぼこ)的な消費生活

~発達障害サラリーマンの家計奮闘人生記です~

ADHDの新薬が承認されたらしい

自覚症状のない投薬 ビバンセカプセルという新薬が承認されたらしい。 medical.jiji.com 服用してミスが減ったとか、落ち着いた生活を送れるようになったという声も多くあると思う。それによって、仕事や日常生活が送れるならば薬を利用する価値は高いと思う…

過集中6日目、7日目にぱくり

過集中を解く休日 休日出勤。 なかなかの体力を使う。 例えば土曜日に出勤すると、月曜から働いている人にとっては、週6勤務になる。 これは、単に休日が減るということではなく、過集中の期間が普段より続くということである。 そしてこの過集中状態は簡単…

事務の仕事、ジムに行くはバカやろう

ランニングは費用対効果の高い運動習慣 くそつまらないダジャレのタイトルになったことを許して欲しい。 これもまた前回の続きなのだが、マッサージ店に行くと必ず聞かれることがある。 「運動習慣はありますか?」 言うまでもなく、運動した方がいいに決ま…

自律神経を整えるという消費

セロトニンと自律神経 3連休だが、特にお出かけする予定(余裕)もないので、 日頃の体のケアに整体に行ってきた。 ただし、これもクーポン等を駆使して、出費を抑えることを忘れてはならない。 マッサージや整体はそこそこな贅沢だが、たまに行くことにし…

サラリーマンは向いていない?

得意・不得意を理解して生きていくということ 普段は貧乏を助ける家計について書いているのだが、少し休憩して、ストレートな話題を書くとしよう。 社会人になってから仕事について行けず、発達障害だとわかる人は多くいるように思う。 発達障害は得意なこと…

9,000円で五能線の旅に出れますか?

のんびり国内旅行をする たまの3連休が来ると予定が全く立たないことは多々ある。 理由としては、 1)仕事に集中していると休みの予定を考えている余裕がないのと、 2)仕事で1週間を戦い抜き、疲労が蓄積している状態であるので、「休日は何もしたくな…

「今度飲みに行こう」そのお誘いが苦しい。

家計が苦しい時、友人の誘いを断らない方法 水曜の夜、あと2日頑張れば、土日のお休み。 「今週もよく頑張っているな」と思っていたら、友達からお誘いがやってくる。 「今度の土曜日飲みに行かない?」 もちろん友達から誘いがあるのはうれしい。 大学生時…

毎日ヘトヘト。自炊する余裕はない。

外部刺激に弱い発達障害 鳴り響く電話、 それに応対する同僚の声、 会議の資料を作りそれを大量にコピーするコピー機の音。 オフィスは騒音、いや、爆音にまみれている。 聴覚過敏が私の最も難敵なのだが、いまだにオフィスの環境には慣れない。 中には光に…

周囲との経済格差に愕然するかしないか!?

発達障害者の就労と経済格差 初投稿となりますが、自己紹介については、プロフィール欄を見ていただければと思います。まあ、一応発達障害と診断されているサラリーマンです。 夜の8時、周りの同僚が続々と帰宅する中、ひたすらパソコンと向かい合って仕事…