発達凸凹(でこぼこ)的な消費生活

~発達障害サラリーマンの家計奮闘人生記です~

過集中6日目、7日目にぱくり

 

過集中を解く休日

休日出勤。

なかなかの体力を使う。

 

例えば土曜日に出勤すると、月曜から働いている人にとっては、週6勤務になる。

これは、単に休日が減るということではなく、過集中の期間が普段より続くということである。

 

そしてこの過集中状態は簡単に解消されるものではない。退勤から次の出勤までそれなりの時間を有する。発達障害者であれば、通常の人よりこの時間を長く必要とするのではないか。。。

 

その日、その日の過集中対策はそれなりにしている。

水を飲む、トイレへ行く、簡単な業務を挟む、デスクを片付ける等々。

それでも、オフィス内の雑音、マルチタスク等々、我々が苦手とする場面は常にあり、緊張状態は取れない。休日出勤はただでさえ業務が忙しいときに発生するものだから、身体や精神面でも相当な負荷がかかる。

 

定型発達に知って欲しい発達障害
  • 極度に脳が集中状態を保つ過集中というものが存在する
  • この状態が続くことにより、脳疲労が最大限蓄積する
  • 逆にものすごい集中力を発揮する

 

 1日の休みで、さあ、何ができるか。。。

仕事を忘れられる何かをすればいいかと思う。

しかし、本当に疲れているときはなかなかやる気が出ないものである。。。

お金も使いたくない。。。

 

それでもお腹は空いてくる。というか何か食べなくてはならないのである。

 

買い物するのも面倒だし、外に食べに行くのも面倒だし、そんなことで、UberEatsを使ってみた。外食を自宅まで届けてくれるいわばデリバリーサービスなのである。

(今のところ都市圏限定になってしまうサービスです)

 

なんか日記みたいになってしまったが、これも家計を助ける1つの方法なのでぜひ使ってみて欲しい。

 

結論を言うと実質出費ゼロで2,000円分の外食デリバリーを楽しむ方法なのだ。

 

方法1.UberEatsアプリをダウンロードする。

 

方法2.UberEatsに登録する(住所、クレジットカード情報等)

 

方法3.Grouponに登録する。

https://www.groupon.jp/visitor_referral/h/3f7ffa52-7de0-47df-a85b-4775df76930d

※クーポンを購入するサイトである。

 

GROUPONのUbereats案件(現在キャンペーン無し)

 

 

 

方法4.デリバリーそしていただきます。

 

この方法を試すと、500円(送料は別途かかってしまうが)で1,500円分の外食ができることになる。

 

休日出勤で得た手当を無駄に使わなくて済んでしまうのだ。

 

食べたい食べ物をネットで注文して、それを自宅にまで運んでくれるとなれば、ものすごいストレス発散になるだろう。それにお金がほぼかからないとなれば、休日出勤の疲れも多少は取れるかもしれない。

 

何だか本当に日記みたいになってしまったが、この方法で多くの人が、良い休日を過ごせるように願っているのである。